あなたが誰からも必要とされていないというのは本当か?

 

たったひとりでも誰かが必要としてくれればいい。

あなたが誰からも必要とされていないというのは本当か?

・人が真に孤独を感じるとき
・必要としている人に必要とされない孤独
・誰にも必要とされてないと塞ぎ込んでしまう心
・誰もが必要とされているということ

・人が真に孤独を感じるとき

人が人生において孤独を感じる時は、どのような時だろうか。

それは周囲に誰も信頼できる人がいなくなった時だろうか。肉体的に肌を触れ合わせる人が誰もいない時だろうか。精神的に誰とも心からの交わりを持てない時だろうか。本当に自分が人々との交信を一切断たれた時だろうか。

人間が孤独だというのは本当か? 〜根の国〜

孤独というのは、ひとりぽっちという意味だ。しかし実際に人間が孤独感を感じる時は、ひちりぽっちであるとは限らない。周囲に自分を認めてくれている人がたくさんいても、自分のことを心から気にかけてくれる人がいたとしても、人は孤独感を感じ得ることがある。それは、自分が必要だと感じる人から、自分は必要とされていないと感じる時だ。

 

 

・必要としている人に必要とされない孤独

自分が心から必要としていると感じるかけがえのない人にとって、自分は必ずしも必要とはされていないのだと感じるとき、自分はかけがえのない存在なんかじゃなく、たくさんいる人間のうちのひとりに過ぎないのだと感じるとき、人は孤独感を感じてしまう。この世界にひとりぽっちで取り残され、まるで誰一人にさえ必要とされていないような気がして塞ぎ込んでしまう。

 

 

・誰にも必要とされてないと塞ぎ込んでしまう心

世界をふり返れば、あなたを必要としている人はちゃんといるのに、それらの人々を無視して自分は孤独なのだと思い込んでしまう時が、人生にはある。たくさん思われて、たくさん愛されているのに、たったひとりの人に必要とされないだけで、たくさん思われていることも、たくさん愛されたことも、なかったかのように感じてしまう。

それは人の心の危うさ。それは人の心の虚無。

目の前が何ひとつ見えなくなった時には、思い出してみて。本当にあなたは、誰にも必要とされていなかったのだろうか。本当にあなたは、誰にも愛されなかっただろうか。たったひとりの人に愛されないことで、必要と思ってくれている心も、愛されていたという証も、なかったことになってはいないだろうか。

 

 

・誰もが必要とされているということ

誰かがいればいい。この世界でたったひとりでも、ぼくを見ていてくれればいい。

誰ひとりに必要とされないのだと嘆き悲しんだ心は、必要とされて当たり前だと見なしていた人々の心をないがしろにいた。愛されて当たり前だと傲慢に居直り、はるか昔からの慈しみに目を背けていた。

絶望の淵に沈んだその心に、もう一度問いかけよう。本当にぼくたちは、誰にも必要とされていなかっただろうか。本当に誰にも、愛されなかったのだろうか。誰かがいればいい。この世界でたったひとりでも、あなたを見ていてくれればいい。

もしも誰ひとり思いつかないのならば、それが人ではなくてもいいだろう。木々は見ていてくれなかっただろか。川は見ていてくれなかっただろうか。鳥は見ていてくれなかっただろうか。星は見ていてくれなかっただろうか。

孤独という鏡面を銀河に映し出せば、ぼくたちの心は合わせ鏡でどこまでもつながっていく。それはこの世で誰もが、究極的に孤独にはならないために仕掛けられた、救いの天の鏡面。宙を見上げればわかちあえる。どうしようもなかった運命を、避けられなかった孤独を、ぼくたちは言葉ではなく紡ぎ合える。なぜぼくたちは生まれてきたのだろう。なぜぼくたちは生きているのだろう。あらゆる答えが天から降り注ぐ夜。

あなたが夜を見るように、ぼくもあなたを見るだろう。ぼくが天を見上げるように、あなたはぼくを知るだろう。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ