電車の格安きっぷの自動販売機がお得だというのは本当か?

 

格安きっぷ自動販売機の衝撃的な思い出!!!!!

電車の格安きっぷの自動販売機がお得だというのは本当か?

・電車の格安きっぷの自動販売機は節約に便利!
・電車の格安きっぷの自動販売機はどれくらい安くなる?
・電車の格安きっぷの自動販売機の衝撃的な体験
・節約しようと努力しているのに損している300円の矛盾

・電車の格安きっぷの自動販売機は節約に便利!

電車の格安きっぷの自動販売機というものを街中でよく見かける。特定の駅(主に大阪や京都や神戸などの中心部)へ行くためならば、この自動販売機で購入すると不思議なことに安く切符が買えてしまうという代物だ。電車に乗って移動しなければならないという定められた運命の中で、電車賃というのはどうしようもなく固定され値引き交渉も不可能なので、格安きっぷの自動販売機は大変便利で節約になる。

 

 

・電車の格安きっぷの自動販売機はどれくらい安くなる?

しかし節約といってもぼくの場合は40円安くなるだけだ。たかが40円のためにいちいち自動販売機に行って、このICカードの時代にわざわざ切符を買って、電車に乗り込むという作業も面倒ではあるのだが、この一生の中で何回も電車移動を繰り返すことを思うと40円の節約が降り積もって、塵も積もれば山となるの発想で、いつも格安きっぷの自動販売機を利用しつつ40円を毎回節約している。

おそらくめんどくさがりの人は格安きっぷの自動販売機を使用しないでIC カードでピッと改札機を渡るだろうし、節約に興味のない人も格安きっぷの自動販売機を利用しないだろう。格安きっぷの自動販売機を利用するなんて節約マニアか、細かいことを気にする性格とでも言えるのだろうか。それでもぼくは少しでも定められた運命から搾取されるのを防いで、その分を自分の好きなことやもののために使いたいと願うので格安きっぷの自動販売機を利用する。

しかし割引率の高い路線では100円引きとか200円引きになる格安きっぷも存在しているらしく、さすがにそれだけお得ならばと格安きっぷの自動販売機を利用する人も多いだろう。

 

 

・電車の格安きっぷの自動販売機の衝撃的な体験

ぼくは昨日衝撃的な体験をした。今回も40円を節約しようと格安きっぷの自動販売機を訪れた時のことだ。660円の格安切符を買うために、700円を入れてお釣りが出た。40円と取ろうとすると、なんと格安きっぷの自動販売機のお釣り取り出し口に、前の人の300円が忘れられていたのだ!

 

 

・節約しようと努力しているのに損している300円の矛盾

こんなにも馬鹿馬鹿しいことがあるだろうか!格安きっぷの自動販売機を利用して節約しようと言ったって、既述したように多くても100円か200円くらいが限度なのだ。40円とか100円とか200円でも何とか節約しようと日常生活で涙ぐましい努力をするような種類の人間が、格安きっぷの自動販売機を利用するのだ!

それなのにその人が300円ものお釣りを取り忘れているなんてどういうことだろう!100円とか200円を節約するために格安きっぷの自動販売機を利用したのに、300円を取り忘れていたんじゃ絶対に割に合っていないに決まっている!格安きっぷの自動販売機を利用しようとするほど節約家でお金に関して細かい性格を持ち合わせているのに、300円ものお釣りを忘れているようじゃ節約家どころかものすごいマヌケな人物である。

ぼくは自動販売機のお釣り取出し口の300円を発見して、この世の矛盾に衝撃を受けてしばし動けなかった。節約したいのに全然節約できていない矛盾!節約しようと努力してわざわざめんどくさい格安きっぷの自動販売機まで利用したのに、節約できていないどころか損だけしているこの絶望感!この世界にはまだぼくの知らない矛盾や不条理があり、だからこそ生きるのは興味深いものだと悟るに至ったのだった。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ