まさかの北海道礼文島!中島みゆき「銀の龍の背に乗って」のMVがDr.コトー診療所のロケ地・与那国島で撮影されているというのは本当か?

 

当然ドラマと同様に与那国島で撮影されたのだろうと思いきや…!!!!!

まさかの北海道礼文島!中島みゆき「銀の龍の背に乗って」のMVがDr.コトー診療所のロケ地・与那国島で撮影されているというのは本当か?

・中島みゆきの感動的な名曲「銀の龍の背に乗って」とDr.コトー診療所
・ぼくは与那国島診療所で1ヶ月、医者として働いた
・中島みゆき「銀の龍の背に乗って」のMVはなんと北海道の離島、礼文島で撮影されていた!
・「日本海沿いを北上する旅」の最終目的地は北海道最北の礼文島に決定!

・中島みゆきの感動的な名曲「銀の龍の背に乗って」とDr.コトー診療所

中島みゆきの感動的な名曲に「銀の龍の背に乗って」がある。これはドラマDr.コトー診療所のために作られた曲らしく、爽やかなブルーの衣装をまとって壮大な海辺で絶唱している中島みゆきのミュージックビデオ(MV)も印象的だ。

created by Rinker
¥2,800 (2020/10/21 21:48:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Yamaha Music
¥2,850 (2020/10/21 13:14:21時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.コトー診療所は、離島で頑張るお医者さんの物語だ。ドラマの撮影は日本最西端、沖縄県の与那国島で行われたものらしい。そして実はぼくも、ドラマの中のコトー先生のように実際に医者として与那国島で1ヶ月間働いたことがある。

 

 

・ぼくは与那国島診療所で1ヶ月、医者として働いた

与那国島で働いた1ヶ月はとても濃厚な記憶や思い出で満たされており、またぼくが医者として旅するように生きられないのだろうかという自らへの問いかけの答えとしても重要な経験だった。与那国島での医者としての生活や思い出については、ぼくの旅ブログ「ミズイロノタビ」で詳細に語った。

Dr.コトー診療所は本当にあった!ドラマのロケ地の日本最西端の孤島・与那国島へ行ってきた

日本最西端の与那国島で医者に!真夜中のティンダバナへ山伏修行の見回りを任命された話

与那国馬に闘牛にカジキマグロ!Dr.コトー診療所のロケ地・沖縄県与那国島で独自の文化を学んできた

「僕たちは世界を変えることができない」を書いた葉田甲太先生と与那国島で医師として一緒に働いた思い出

世界最大の甲殻類!日本最西端の与那国島で人生初のヤシガニを食べてみた

日本最西端・与那国島の一例から!同じ民族であっても人間はたかが思想により分裂され得るのか

断崖絶壁の下に広がる絶景ビーチ!与那国島の民宿のご飯が大量だったので”六畳ビーチ”でお腹を空かせていた話

Dr.コトーの島で中島みゆき「銀の龍の背に乗って」を熱唱!日本最西端の与那国島のデイサービスを見学した思い出

研修医として働きながら旅するように生きる方法

 

 

・中島みゆき「銀の龍の背に乗って」のMVはなんと北海道の離島、礼文島で撮影されていた!

「銀の龍の背に乗って」のMVの中島みゆきは爽やかで美しく、背景の壮大な風景も歌の世界観とよく合っていて素晴らしい作品だと感じていたが、それにしてもあんな見たこともない不思議な背景はどこの景色なのだろうか。

ぼくはドラマのDr.コトー診療所が沖縄の与那国島で撮影されているのだから、当然そのために書き下ろされた「銀の龍の背に乗って」のMVも当然与那国島で撮影されたのだろうと軽く考えていたが、特に興味もなかったので調べないままだった。しかし与那国島に1ヶ月滞在して島内をくまなく散策してきた身としては、あんな不思議な風景は与那国島のどこでも見当たらなかったことが気にかかった。

先日与那国島で医者として働いた思い出を旅ブログで記事にしている際に、ふと気になって検索してみると、なんとあの「銀の龍の背に乗って」のMVは、沖縄どころか北海道の最北端の離島・礼文島(れぶんとう)の澄海岬(すかいみさき)で撮影されているということだった!

なんという天邪鬼な発想!これこそ中島みゆきらしいと言うべきか、日本の最西端にしてほぼ最南端の沖縄県与那国島で撮影されたドラマ「Dr.コトー診療所」のための歌であるのに、彼女はその真逆の北の最果て、北海道の中でも最も北の離島・礼文島でMV撮影を行なっていたのだった!そういえば確かにあのMVの中には可愛らしいキタキツネのような動物が映っていてそこはかとなく北国であることを示唆させているが、あまりどこで撮影されたのか興味もなかったので気づかなかったのだった。

 

 

・「日本海沿いを北上する旅」の最終目的地は北海道最北の礼文島に決定!

そうか、あのあまりに壮大で美しいMVは礼文島というところで撮影されたのか。一体礼文島とはどんなところなのだろう。ぼくは沖縄に10年間住んでいて日本の南国には縁がある人生だったが、北海道や東北地方といった北国を訪れたことはほとんどなく、未知の領域だった。ぼくは寒いのが嫌いなので潜在的に「北」っぽいものを避けて生きてきたのかもしれない。ついでに日本の「北」の範囲である日本海側にもあまり訪れたことがなかった。

しかし日本人として生まれてきたのにこれではいけない、もっと日本の隅々まで深く追求すべきだと思い立ったぼくは「日本海沿いを北上する旅」を思いついた。以前から構想として「日本海沿いをめぐる」というのは考えとしてあったのだが、どこから初めてどこを最終目的地にするのかは定かではないままだった。

いっそ日本海沿いを自分の車で貫くように思いっきり北上して、思い切って青森県から北海道までフェリーに乗って自分の車で渡ってしまい、さらには北海道の最北の稚内から礼文島まで赴き、「銀の龍の背に乗って」のMVの世界観をこの目に焼き付けることを旅の最終目的としてもいいのではないかと思ってきた。さらにそれは構想だけに止まらず、実行されたのだった。

ぼくは今、「日本海沿いを北上する旅」をしている。最終目的地は中島みゆきの「銀の龍の背に乗って」のMV撮影地、北海道の最北の離島、礼文島の澄海岬だ。なんだか思ったよりもとんでもない壮大な旅になってしまいそうだが、一度決めたからには可能な限り成し遂げようと思っている。ぼくは中島みゆきの歌と映像に導かれ、日本の背骨をはるか旅することに決めたのだった。

created by Rinker
¥2,800 (2020/10/21 21:48:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Yamaha Music
¥2,850 (2020/10/21 13:14:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ