楽天カードの携行品損害保険!保険金請求は事故発生日から30日以内に電話しなければならないというのは本当か?

 

30日以内に電話なんかできないんですが…!!!!!

楽天カードの携行品損害保険!保険金請求は事故発生日から30日以内に電話しなければならないというのは本当か?

・ラオスでカメラが大破した!
・楽天プレミアムカードで「プライオリティパス」を手に入れよう!
・楽天プレミアムカードの海外旅行保険「携行品損害」
・楽天プレミアムカード海外旅行保険が適応される条件
・「保険金請求は事故発生日から30日以内にお電話ください。」
・事故発生から30日以内に電話できなくても大丈夫だった!
・30日以内に電話できなくても帰国後すぐに保険会社に電話すべき

・ラオスでカメラが大破した!

ぼくは世界一周中のラオスの泥道でバイクから転倒し、その際にカメラを破損した。カメラ底部がはがれてズレて、バッテリーの出入口が塞がれ、バッテリーの交換ができなくなったのだ!その他にも液晶画面の傷や、レンズの凹みが生じ、このままこのカメラを使うことはできないだろうという状態だった。

ラオスの次の国の中国でバッテリー交換だけはなんとかできるように底部を修理してもらったものの、傷だらけ凹みだらけのカメラの現状は変わらず、日本に帰国してからオリンパスに直接修理に出そうという計画だった。

 

・楽天プレミアムカードで「プライオリティパス」を手に入れよう!

修理代はどれくらいかかってしまうのだろう。カメラ本体にレンズもだからもしかしたら10万円くらいの大金がかかるかもしれない。しかしぼくは心配していなかった!ぼくは楽天プレミアムカードを所持していたからだ。

世界一周中の旅人にとって、楽天プレミアムカードを持つことはもはや常識となっていると言っても過言ではない。楽天プレミアムカードは年会費10000円だが、それにも勝る利点が大きすぎるのだ。その最たる理由は「プライオリティパス」の存在である。

「プライオリティパス」とは世界中の空港のラウンジに無料で入れる特別なカードのこと!楽天プレミアムカードを持っていると、このプライオリティパスを無料でもらうことができる。プライオリティパスは本来なら年会費429ドル必要なので、そのお得さは計り知れない。 ラウンジでは美味しい食事が食べ放題、様々なドリンクが飲み放題、シャワーを浴びられることも珍しくなく、プライオリティパスは疲労しがちな空港での待ち時間が優雅な時間に変わってしまうという魔法のような旅人の必須アイテムだ。

 

・楽天プレミアムカードの海外旅行保険「携行品損害」

旅人にとって楽天プレミアムカードのもうひとつの利点は、海外旅行保険がしっかり保障されている点だ。死亡保険や傷害保険はもちろんのこと、海外旅行保険の中には「携行品損害」という項目がある。これは海外旅行中に自分の持ち物が壊れても、その修理代を出してくれるというなんともありがたい保険だ。

 

 

・楽天プレミアムカード海外旅行保険が適応される条件

楽天カードの保険が有効になるためには、日本を出国する前の空港までの交通公共機関の一部を楽天カードで支払っておく必要がある。海外までの飛行機代やツアー代でも可能。しかし保険が効くのは、日本を出国してから3ヶ月以内までである。

 

 

・「保険金請求は事故発生日から30日以内にお電話ください。」

ぼくがラオスでカメラを大破させたのは日本を出国してから3ヶ月以内だったので、海外旅行保険が適応される期間だ。しかしここで心配なことがあった。小さな字で書いてあるのでかなり見落としやすいのだが楽天カードの海外旅行傷害保険のページ「保険金請求は事故発生日から30日以内に、下記の番号までお電話ください。」という文言と共に楽天カード株式会社保険担当デスクの電話番号が記載されてあったのだ!

その電話番号は日本へ帰国後に保険金請求をするための電話番号であり、海外からは通じないと書いてあった。一週間ほどの海外旅行ならそれで問題はないだろうが、ぼくは世界一周の旅をしており、事故発生から30日以内になんて日本に帰っているはずはなかった。「携行品損害」などの保険金を請求するためには、事故発生から30日以内にその電話番号から事故の状況を説明する必要があるのなら、ぼくのような世界一周中の長期旅行者には無理な話ではないだろうか。

確実に「携行品損害」の保険金をもらい受けるために、一応海外からでも楽天カード株式会社保険担当デスクへ電話して事故の状況を説明しようかとも考えたが、その電話番号は海外からは通じないと書いていたし、ぼくは電話を持っていなかったので結局できなかった。日本を出発してから3ヶ月以内という、楽天プレミアムカードの海外旅行保険が適応される期間内のカメラ破損なのだから、きっと補償してくれるはずだと信じて、ぼくは事故から約2ヶ月後に日本へと帰国した。

 

・事故発生から30日以内に電話できなくても大丈夫だった!

カメラの保険金のことがずっと気になっていたほくは、日本に帰国してすぐ翌日に楽天カード株式会社保険担当デスクに電話した。もしもこれで「事故から30日過ぎての連絡になるので保険金はおりません」などと言われたら悲しすぎる!!!ちゃんと楽天プレミアムカードの海外保険適応期間内の事故なのに!!!

めちゃくちゃ心配していたぼくだが、何ひとつ心配することはなく、丁寧に保険金の手続きは電話上で進められていった。事故から30日以内に連絡しなかったことに関して全く言及されることもなく「昨日日本に帰国してすぐに電話した」ということを強調し、楽天プレミアムカードの海外旅行保険期間内の事故だったことを説明するだけで十分だった。

 

・30日以内に電話できなくても帰国後すぐに保険会社に電話すべき

世界一周などの長期旅行をしている方の中には、クレジットカードの海外旅行保険期間内の事故であるにも関わらず、日本に事故から30日以内には帰国しないので、保険会社への連絡が遅れてきちんと保険金はおりるのかどうか心配している人も多いのではないだろうか。

今回はぼくの一例に過ぎないが、楽天プレミアムカードの海外旅行保険期間内で生じた事故であれば、事故発生から30日以内に帰国して連絡することができなかったとしても、日本に帰国後すぐに保険デスクに連絡して事情を説明すれば、きちんと携行品損害の保険金は支払われたということだった。皆様の参考になれば幸いである。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ