サンタクロースがいるというのは本当か? 〜フィンランド・ロヴァニエミで本物のサンタさんに会ってきた〜

 

ぼくはシベリア鉄道のロシア旅を終えて、陸路でフィンランドへと乗り込んだ。フィンランドの北にあるロヴァニエミの街は、サンタクロース村があることで有名である。

サンタクロースがいるというのは本当か? 〜フィンランド・ロヴァニエミで本物のサンタさんに会ってきた〜

・オーロラとサンタクロースの街ロヴァニエミ
・いざサンタクロースに会いに!
・衝撃!サンタクロース村はほとんど無料!
・サンタクロースとの会話
・サンタクロースの深まる謎

・オーロラとサンタクロースの街ロヴァニエミ

ロヴァニエミは夢のような街である。北極圏に位置するその街では冬にオーロラが観測でき、さらにはサンタクロースに会えるというのだ。この街で美しいオーロラを見ることができたことは、以前の記事でお知らせした。今回はサンタクロースに関してである。

このサンタクロース村は、日本からサンタさんに手紙を書いても返事が返ってくるという、世界の中でも子供たちにとって非常に夢のある役割を果たしていることで知られている。果たしてサンタクロース村の有名な本物のサンタクロースとはいかなる人物であろうか。

 

 

・いざサンタクロースに会いに!

サンタクロース村はロヴァニエミの街から専用のバス「サンタクロース・エクスプレス」に乗れば20分ほどでたどり着ける便利な立地にある。

「サンタクロース・エクスプレス」はほど1時間に1回の頻度で運行しており、片道で3.5ユーロ、往復6.6ユーロであり、バスに乗り込む際に往復チケットを購入した方がお得である。フィンランドではほぼ誰もが英語を話せるので「Return ticket, please!」と言えば簡単に理解してもらえる。

 

・衝撃!サンタクロース村はほとんど無料!

 

ぼくが驚いたのは、サンタクロース村はほぼ無料という事実である。

入場料無料、サンタさんに会って話すのも無料、サンタさんと一緒の写真をカメラマンが撮ってくれるところまで無料である。この写真が、日本の遊園地などでもよくあるようにサンタさんと別れた後に販売されるのだが、32ユーロと割と高額である。しかし、買わなくても全然問題なし!無料で入って、サンタさんに会って、おしゃべりして、写真撮って、写真を買わないで帰ってこればすべて無料で楽しめるというわけである。ちなみに、もちろん自分たちのカメラでサンタさんと写真を撮ることは禁止されている。サンタさんとの写真を取れるのは専用のカメラマンのみである。そこまで無料だと経営が成り立たなくなることだろう。

 

 

そして、32ユーロ?高い!日本でだって写真販売って1000円くらいなのに!とサンタさんとの写真を買わなかったけれど、後になってやっぱり欲しいなと思ってしまっても大丈夫!なんと自分専用のバーコード入りのカードが配られて、後からインターネット上からでもサンタさんとの写真をダウンロード購入できるようになっているのだ。なんて商売上手なサンタさん!

 

その他にも、トナカイの姿を見ることもできるし、有料でトナカイのソリに乗りことも可能である。またサンタクロース村内には多くのフィンランドブランドの専門店が軒を連ねており、ショッピングを楽しみむこともできる。

 

 

・サンタクロースとの会話

ぼくがサンタさんの部屋に入ると、なんとサンタさんは日本語を非常に流暢に話すではないか!仕事の片手間で覚えたようなカタコトの日本語ではなく、本当に語彙力も豊富で普通に日本語で会話が成り立つのだ!さすが世界を股にかけて活躍しているサンタさん。ぼくはサンタさんの存在を信じるに至ってしまった。だって目の前に、実際にサンタさんがいるのだ!

ぼくはサンタさんにロシアからやって来たことを告げ、“シベリア鉄道で来た”ということを言おうとしたのだが、さすがにこれほど日本語流暢なサンタさんでも“シベリア鉄道”という単語はわかるまいと気を使ったぼくは、そこだけ英語で”Siberian Railwayで来た”という内容を告げると、サンタさんすかさず「あ〜シベリア鉄道ね〜」と逆に翻訳し返されてしまったので恐れ入った。シベリア鉄道という単語をご存知とは、本当に日本語マスター、彼こそ世界を股にかける本物のサンタクロースだろうとぼんやり思った。

別れ際に立派に蓄えられた白いおひげを見て「このおひげは本物ですか?」と尋ねると「Here is Finland! Everything is real!」と言い放っていた。フィンランドにそのような文言があったとは存じあげなかったが、只者ならぬ雰囲気の漂っていたサンタさん、ぼくは彼との写真を32ユーロで購入してホテルまでの帰路に着いた。

 

 

・サンタクロースの深まる謎

ロヴァニエミは夢のような街ではあるが、夜にオーロラを待つかサンタクロース村に行くかくらいしか選択肢のない冬のロヴァニエミにぼくは6日間滞在し、やることもあまり見つからず再度サンタクロースに会いに行った。無料だとこういうことが簡単にできるので嬉しい限りである。するとサンタさん、2回目はなんと別の人に変わっていた…!

いったいサンタクロースとは何人いるものなのだろうか。たしかに一晩で世界中の子供たちにプレゼントを配るのだから、一人や二人ではないのだろう。しかし実際に経験としてサンタさんがチェンジしたのを目の前にするとなんだか趣深いものがあった。

2回目のサンタさんは、日本を話さず英語オンリーであった。全員が日本語を話すわけではなく、話せるサンタもいれば話さないサンタもいるらしい。そして2回目のサンタさんは来客がたくさん並んでおり多忙であったらしく「Oh~ you are good boy!」とものすごく適当な感じですぐさま会話が終了させられてしまった。1回目のサンタさんはじっくりと話すことができ、日本のどこから来たの?と訪ねてくれたりロシアの旅の話をゆっくりできたものだが、ここにも明らかな違いがあった。まさにじっくり話せるサンタさんと、忙しくてまともに話せないサンタさんがいるらしい。これはタイミングによるところが大きいのかもしれない。

このようにどっちへ転ぶかわからないサンタさんとの面会。どっちへ転んでも無料だから損はないし、もちろんどのような場合でもサンタさんは非常にあたたかく優しい愉快なおじいさんである。ぜひフィンランドのロヴァニエミで、サンタクロースに会ってみてはいかがだろうか。

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ