オリンピックは面白く、見ていると勇気や元気をもらえるというのは本当か?

 

オリンピックなんて、自分の人生に関係がないのでは?!

オリンピックは面白く、見ていると勇気や元気をもらえるというのは本当か?

・実家で見たオリンピックは面白かった思い出
・一人暮らしになってオリンピックを全く見なくなった
・ぼくがオリンピックに興味のない理由
・オリンピックを見ていると勇気や元気をもらえるというのは本当か?

・実家で見たオリンピックは面白かった思い出

小さい頃、親が見ていたので自然と家でオリンピックを見ていた。自然とテレビでオリンピックを見て、自然と日本を応援して、日本が勝てば自然と喜び嬉しかった。親が喜んでいるのを見て、子供のぼくもそれを模倣して、やがて日本が勝つことを模倣せずとも本当に歓喜するようになった。

日本が勝つとなんて嬉しいのだろう、オリンピックとはなんて面白いのだろうと感じていた記憶がぼんやりと思い出される。

 

 

・一人暮らしになってオリンピックを全く見なくなった

しかし大学生になって一人暮らしをするようになると、ぱったりとオリンピックを見なくなった。家にテレビがなかったのではない。家にテレビがあったのに全く見なかった。たとえオリンピックが開催されている期間であっても、テレビをつけてオリンピックの動向を確認することなど一度もなかった。オリンピックというものに、興味がなかった。

実家ではあんなにオリンピックを見ていたのに、そしてそれなりに興奮し歓喜し楽しんだ記憶もあるのに、ぼくは自分がオリンピックなど完全にどうでもいいと思っている人間だということに、一人暮らしをして初めて気が付いた。

実家にいた時は親がオリンピックを見ていたから、自然とオリンピックを見ていただけに過ぎないことに気づいた。ぼくがオリンピックを見たくて見ていたわけじゃなくて、家庭環境が、親がオリンピックを見ていたから、幼いぼくもただ一緒に見ていただけだったのだ。

 

 

・ぼくがオリンピックに興味のない理由

しかしよくよく考えてみれば、オリンピックに興味がないことなんて当たり前である。テレビの中の知らない人が、ものすごく速く走ったからといって、自分の人生に何の意味があるというのだろうか。テレビの中の他人が、スキーではるか遠くまでジャンプしたとして、一体それが自分とどんな関係があるというのだろう。

テレビの中の他人が、その肉体やチームワークを駆使して、スポーツという決められた枠組みの中で何が大きな偉業を成し遂げたとて、それは自分の人生や生命とは全くの無関係であり、実にどうでもいいことだったのだ。それが異国の選手の成果であっても祖国の人間の偉業であっても、同様に自分の生き様とは何ら関わりのないことだ。

 

 

・オリンピックを見ていると勇気や元気をもらえるというのは本当か?

幼い頃はもしかしたら常識や世間が噂している通り、頑張っている日本のスポーツ選手の姿を見て勇気や元気をもらっているのかもしれないとぼんやりなんとなく思っていたが、今となってはそんなことは嘘偽りの感情だったと確かに断言することができる。

誰か知らない他人がめちゃくちゃ努力して、それで世界で一番走りが速かったとして、どうしてそれを見ている自分が特に何の努力もしていないのに、勇気や元気をもらい受けることなどできるのだろうか。自分は努力もしないでただテレビの前でお茶を飲んでお菓子でもかじってぼーっと画面を眺めていただけなのに、テレビの中の見ず知らずの他人が優勝しただけで、そんな簡単に勇気や元気や誇りなんてもらってもいいのだろうか。そのような浅はかな姿勢で、この先の人生を送り続けてもいいのだろうか。

勇気や元気なんて、自分で努力して勝ち取ったものこそ意味があるのではないだろうか。自分で努力し、何かを成し遂げ、それを誇りとし、それが勇気や元気や生きるエネルギーに変換され引き継がれていく、そんな勇気や元気こそが、自分の人生に必要な真実のエネルギー源ではないだろうか。

自分の人生とは何の関係もない他人が、めちゃくちゃ努力して優勝したのをただテレビの前でボケーっと眺めているだけで自分までなぜか享受できる勇気や元気なんて、ちゃんちゃらおかしい偽物ではないだろうか。テレビの前で自分の人生とは何も関係のない人間たちの動向を気にしている暇があるのならば、他に自分のためにすべきことが沢山あるのではないだろうか。自分がこの世に生まれてきた意味や、運命によって与えられた宿題を解く鍵をさがすためには、人生という時間はあまりに短く儚い。生きるという尊くも短い時間を、関係のない他人の優勝などに注目して費やしてしまうような余裕は全くないのである。

以上のような感性からぼくはオリンピックを全く見なくなったと思われるが、オリンピックを大好きな人も大勢いると思われるので、これはぼくのただの個人的で特殊な意見であり、どうか気を悪くせずにいていただきたいと心より思う。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ