強そうに見えるものが強いというのは本当か? 〜ユニコ魔法の島へ〜

 

強そうに見えるものが強いだなんて、ひどくつまらなことだと思いませんか。

 

強そうに見えるものが強いというのは本当か?

・強き者
・翻りの情緒
・ユニコ 魔法の島へ

・強き者

ぼくは子供の頃、周りの男の子が見ているテレビをあまり見ていなかった。ドラゴンボールやスラムダンクやウルトラマンなどに全然魅力を感じなかった。なんだか主人公の顔が、小さなぼくにとっては怖かったのだ。それよりもドラえもんとかクレヨンしんちゃんとかを好んで見ていた。

なんであれが魅力的なのか全くもって分からなかった。強そうで怖そうな顔が主人公のアニメなんて、どう考えても見たくなかった。怖い顔が嫌で集中して見ていられないからだ。みんなあの顔や主人公たちを「かっこいい」と思っているらしかったが、ぼくにはその感性が全く理解できなかった。なんであれがかっこいいのだろうか。自分の感性と世間の感性との大いなる隔たりを感じた。しかしよく考えていただきたい。深夜の道をひとりで歩いていて、急に目の前にウルトラマンが現れたらかなり恐怖ではないだろうか。どうしてあの奇妙な風貌のウルトラマンがかっこいいと言うのだろうか。

それにあまり戦いというものにも興味がなかった。戦いを見ることは確かにワクワクもするし興奮もするだろうが、それを進んで見たいとは思わなかったのだ。それよりもドラえもんやクレヨンしんちゃんのような日常性あふれる、けれどたまにためになるようなアニメだけを好んで見ていた節がある。

 

 

・翻りの情緒

けれど最大の理由は、強そうな主人公が強いというその展開に魅力を感じなかったからに他ならない。強そうで怖そうな顔をした主人公たちが、実際も最も強くて活躍していましただなんて、当たり前すぎて全然魅力を感じないのだ。そんな話の展開に、一体どんな情緒があるというのだろうか。世間で強そうに見なされていた人が実際にも強かっただなんて、そんなことは悲しいことだと思っていたし、ぼくはその逆が起こってほしいと強く望んでいたのだ。

この世で最もか弱く、最も優しいものこそが、実はこの世で最も“強い”存在だったのだという物語に憧れていた。しかもこの場合の強いというのは、筋肉があるからとか運動能力があるからとかそのような肉体的な強さではなく、真に慈悲から来る心の“力強さ”のようなものを意味する。そのようなまったく予想外の、世の中すべての人間の“常識”を覆して目を覚まさせてしまいような翻りの展開を心から望む傾向にあった。

しかしアニメというものは数多くあれど、実際にはそのような慈悲深い作品に巡り会えることは人生では稀である。今思い返してみると「天空の城ラピュタ」におけるシータはその類かもしれない。いつも「パズー」と弱々しそうに叫んでいたシータが、最後の場面では王としての貫禄を突如取り戻し、高潔な論でムスカを諭していく。

そしてぼくがこの人生で昔から見ている作品の中で、最も弱そうなものが実は最も慈悲深く最も力強い存在だったという真実の情緒を示す、最古にして最高傑作と思ってやまないのは手塚治虫の「ユニコ 魔法の島へ」というアニメ映画作品である。

 

 

・ユニコ 魔法の島へ

ユニコというのはユニコーンの子供だ。親のユニコーンからはたくさんの子供が生まれたがその中でもユニコだけは白い立派な角を蓄えており、他の子供とは違う、人を幸福にできるという不思議な力を持っていた。

しかし、自然とまわりの人々を幸せにしてしまうユニコを天空から見ていた神様は、あまりに人々を幸せにしてしまって自分たちの出番がなくなるからと(なんという理由!)、ユニコを追放してしまう。ユニコはそこから長く終わらないさすらいの旅に出るのである。

ユニコは見た目的にも声もとても可愛らしいユニコーンの子供で、よく泣いたり甘えたり、まったく強そうには見えない主人公だ。可愛い動物だから子供たちに人気が出るような感じのキャラクターである。

そんなユニコがこの映画の中では、人間を魔法で「生き人形」にしてしまいそれをパーツにしてお城を築き上げている極悪の魔法使いククルックと対決することになる。ククルックはもともとはサーカスの操り人形で、その時には人間に悪い役ばかりをやらされていた。そして散々悪い役としてこき使われて、いざ操るための糸が絡まってしまうと、すぐに海に投げ捨てられてしまったという悲しい過去を背負っている。ククルックはその後地の果てへと流れ着き、そこで自分で動く能力を得た彼女は、人間に復讐することを誓った。その内容が「人間を生き人形にしてお城を作る」という狂気の行動へと繋がっているのだ。

ククルックは風貌も声も様子も狂気に満ちていて恐ろしい。いや、おぞましいというのが適切かもしれない。そんな狂気の行動を見せているククルックも、誰にも見られないところでは秘密でおもちゃ人形たちに慰められていたりと、心にどうしようもない空白を埋めることができずにいる様子も映し出されている。外から見ると怖くて狂気に満ちていておぞましいような人でも、実はさみしい心を持ったどうしようもなくかわいそうな人なのだと、子供たちはこのアニメを見て気づくかもしれない。さみしくてさみしくてどうしようもないことが、彼女に狂気の行動を取らせているかもしれないのだ。

ユニコは魔法で人間を生き人形にしている悪い魔法使いククルックを何度も説得し、やめるように促すがククルックは聞く耳を持たない。それどころか積極的にユニコを攻撃して来るので、ユニコは最初逃げ回ってばかりでいる。この様子からは、ユニコは可愛らしい見た目通りの弱そうな動物にしか見えない。しかし、“本気で戦わなければ敵わない”と察したユニコは、ちょっと本気を出して、簡単に角でククルックを突き刺してしまう。

このギャップが非常に面白い。本当に、真に強い者は、強そうな様子を微塵も見せず、むしろ隠しながらそれを内側に蓄えているのだ。そして本当に必要な時にだけ、それを発揮する。まるで頭の悪そうな人間が、実はものすごく聡明だった時の、そのような雰囲気に似たものがある。そのギャップは非常に粋であり眼を見張るものがある。

実は強かったユニコに体を突き破られたククルック。しかしそれでもなおユニコは「あんたとは本気で戦えない」と言われククルックは衝撃を受ける。自分を角で一突きし瀕死の傷を負わせているのに、これでユニコはまったく本気ではないというのだ。

「なぜ本気で戦えないのさ?!?!なぜ?!?!」と絶叫するようにククルックはユニコに詰問する。するとユニコは「あんたがかわいそうだもの」と言う。今までにそんなことを言われたこともなかったククルックは衝撃を受け驚愕する。「いいことをしたことがないなんて、かわいそうだよそんなの」とユニコは続ける。大きな哀れみの情をククルックにかけているのだ。「そんなことじゃお友達はできないよ。ククルックさんは悪いことばかりしているんだもの」とユニコはさらに続ける。

 

「やめておくれ、わたしにお友達なんてとんでもないことだ、そんなこと言わないでおくれ」と苦しそうに言うククルックに対して、ユニコはさらに優しい同情の言葉を投げかけていく。「ぼくわかるよ、ククルックさんはさみしいんだよ。あんまりさみしいと、悪いことしたくなるよ、そういうときあるもの」

「さみしい?!このわたしがさみしいだって?!」自分の隠していた心の中を暴かれたことでさらに苦しみ小さくなっていくククルック。「わたしの魔法は恨みの塊なんだよ?!人間を憎むからこそわたしは強いんだ…ああそれなのに…」「人を恨むのがわたしの生きがいなのに…それなのに…氷のように冷たく張り詰めた恨みの心が…憎しみの思いが…優しい言葉でとけてしまう…あぁ…」ユニコの優しい心と言葉によって、ついにククルックは魔法使いから操り人形へと戻ってしまった。

ここで面白いのは、ククルックという悪者を倒したのが、強い武器でもなければ強い肉体でも、強い兵器でもなく、慈悲深いものの慈悲深い心であるという点である。強そうな者たちが、強力な肉体や物質や道具を使い、悪者をやっつけるなんて、なんて野蛮で野暮でありふれた物語であることだろう!

そうではなくて、ともすればこの世で最も弱そうに見えてしまう者が、実はこの世で最も深い慈悲の心を持ち合わせることによって、強力な敵を“やっつけて殺す”わけではなく、その悪者にかけられた呪いを解いて“浄化する”ことにより勝利するという物語は、なんとも情緒深く心に響くものがある。これこそが、本当の勝利といえるのではないだろうか。そしてこの世では慈悲深いものこそが、実は最も強いと言えるのではないだろうか。

ぼくは物心ついたときからこの「ユニコ 魔法の島へ」を何回も見ては、自分はユニコになりたいのだと憧れていた。直感的に心からそう願ってしまったのだ。おそらく最初に見たのは4〜5歳くらいだったのではないだろうか。そして今でもAmazonでDVDを買っては時々見ているという有様である。この作品はぼくの中でも幼い頃から親しみ抜いた人生の聖書のような存在となるのではないだろうか。そしてこの映画こそが、ぼくの人生の映画と言えるだろう。この作品の教えてくれることは、数限りないのだ。

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ