中国にはまだニーハオトイレがあるというのは本当か?

 

ニーハオトイレ初めて見たよ(泣)!!!!!

中国にはまだニーハオトイレがあるというのは本当か?

・中国のニーハオトイレの噂
・噂とは全く異なる中国の都会の姿
・中国の都会から徐々に辺境へ
・まだ中国にニーハオトイレは存在していた!
・ニーハオトイレを使う勇気

・中国のニーハオトイレの噂

中国という国は、昔からとかく眉唾物の噂の絶えない国である。

そのひとつがニーハオトイレという驚きのトイレ形態の存在だ。普通トイレというものは個別にわかれ、自分の排泄は自分の便器に向かってするというのが通常だが、中国ではトイレとして大きな溝がドンとひとつ敷かれているだけであり、そこには何の仕切りも壁もなく、目の前で他人が排泄をしているのを目撃しながら自分も排泄をしなければならないという親近感から中国のトイレは「ニーハオトイレ」と名付けられるという。本当にそんなトイレが存在するのだろうか。そしてもしそんなトイレがあったとして、果たしてぼくはそのトイレで心安らかに排泄できるのだろうか。

またぼくの高校の先生が語っていた中国の思い出話に、鉄道の車窓から見た風景というものがある。彼が中国の鉄道に乗って窓から外を眺めていると、なんと”立ちションをしていた女性”がいて衝撃的だったというのだ!女性が立ちションなどできるのだろうか。とにかく彼は人生で初めて確かにそれを目撃し、中国の摩訶不思議さに圧倒されたという。中国という国は、謎の尽きない国だ。

 

 

・噂とは全く異なる中国の都会の姿

しかしぼくがラオスから中国の昆明へと陸路で移動し見た景色は、日本と代わりのない発展した都会の姿だった。中国がお金持ちで豊かになったのはどうやら本当のようで、街のシステムや人々の行いも日本から学び取ったのか何なのか、日本によく似ており清潔で心地よい。

もはや”ニーハオトイレ”なんかがあった中国というのは昔の話で、今となっては別の中国に変わってしまったということなのだろうか。

 

・中国の都会から徐々に辺境へ

しかし中国雲南省の首都・昆明から徐々に地方へ、そして秘境へと行くにしたがってそのような印象は覆されていった。都会は日本のように清潔に整えられているものの、地方へと行くにしたがって、徐々に中国的な、異国的な情緒があふれ出てきた。

まさにこのような異国情緒、その国にしかない独特の雰囲気こそが、ぼくたち旅人の求める真のその国の姿だ。せっかく異国を訪れても、日本と同じような都会の姿を見られたところで、何が楽しいことがあるだろうか。世界は異なっているからこそその多様性が万華鏡のように美しいし、同じでないからこそ刺激的で情緒的で素晴らしいのだ。世界は”国際的”であることを目指し、それぞれの独自の美しさを投げ捨てて世界中みんなが真似して同じようになろうと努力する傾向が見られるが、ぼくはそれには反対だし、浅はかで美しくない態度だと思っている。

そしてそんな中国の最果ての秘境に、はやり”ニーハオトイレ”は存在していた!

 

 

・まだ中国にニーハオトイレは存在していた!

ぼくが初めて中国で”ニーハオトイレ”を見かけたのは、中国雲南省のチベットの秘境・シャングリラから飛来寺を訪れるためにバスに乗っている途中のトイレ休憩においてだった。シャングリラから飛来寺まではバスで約4時間ほどあったので、途中に何度かトイレ休憩が挟まれた。そんなトイレ休憩でトイレに入ると、なんとそこには左右に溝ふたつしかなかったのだ!

おおこれが噂のニーハオトイレか!という感動と衝撃がぼくの胸の中に去来した。そして目の前ではまさに中国人のおじさんがお尻を丸出しにして排泄している!これこそがぼくが噂に聞いていて思い描いていた中国の姿だ!謎の国中国、その不思議さはこのニーハオトイレに集約していると言っても過言ではなかった。

ぼくはこの後も中国で何度かニーハオトイレを見かけたが、そのいずれもがちょっとした小さな「壁」を設けており、完全に溝だけで仕切りも壁もなくみんなに丸見えだという”理想的な”ニーハオトイレは見当たらなかった。この小さな壁もどれだけ効果があるのか定かではなく、ただの小さな壁なのでみんなから排泄する姿は普通に見えてしまうが、それでもこの壁があるのかないのかで心持ちはずいぶん変わってくることだろう。

 

 

・ニーハオトイレを使う勇気

このニーハオトイレ、男性がおしっこをする際には何の問題もないと思われた。なぜなら日本であろうと世界であろうと、男性がトイレでおしっこをする際には排泄姿が他人に見られてしまうのは至極普通のことであり、このニーハオトイレと呼ばれる溝に向かって尿を排泄するにおいてもその主旨は一切変わらないからだ。しかしここでみんなの見える前で便をするのは相当な勇気が必要ではないかと思われた。ぼくは幸いお腹も痛くならず、そのような機会に遭遇することはなかったが、もしもお腹が痛くなってもこのトイレを使用できただろうか。

男性生殖器と女性生殖器が平等だというのは本当か?その2 〜男性だけトイレで丸見えの不思議〜

また女性の場合は日本や世界ではトイレが絶対的に個室なので、おしっこをする際であろうが便をする際であろうが、この中国のニーハオトイレを使うのはかなりのプレッシャーだろう。もはや人生で初めての出来事として、新しい世界観が広がってくるほど衝撃的な体験ではないだろうか。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

大盛りの便の山!中国が不潔で汚い国だというのは本当か?

Made in Chinaの実情!中国製品が質が悪く壊れやすいというのは本当か?

まるで神様の瞳!中国・雲南省・雨崩の秘境に眠る冰湖が神秘的すぎて言葉を失った【冰湖2/2】

中国の秘境で雪山の絶景!雨崩からチベットの聖地・神瀑へトレッキング【神瀑1/2】

標高4800m天空の世界!人生史上最高の絶景と、雨崩のチベット聖地・神湖はその姿を永遠に隠したままだった【神湖3/3】

中国で最も美しい村!雲南省の塩馬古道の秘境・諾鄧(Nuodeng)はまるでおとぎ話の幻想的な世界

ナシ族の生きた象形文字!中国雲南省麗江でトンパ文字のハンコ(印鑑)を作った

仁、義、礼、智、信!貴州省トン族の肇興村(肇興侗寨)で珍しい5つの鼓楼を巡ってみた

ミャオ族最大の村!西江千戸苗寨で古民家の絶景と世界で最も美しい壮麗な風雨橋を眺める

中国最大の風雨橋!トン族・程陽村のまるでお城みたいな中国の木造橋が壮麗すぎた

認知症になった大好きなおばあちゃんが世界で一番好きだった中国・桂林の絶景ツアーに参加した