確定申告で20万円の追加払い!税金をクレジットカードで支払うと手数料がかかるというのは本当か?

 

クレジットカードの手数料を請求されるなんてはじめて!!!!!

確定申告で20万円の追加払い!税金をクレジットカードで支払うと手数料がかかるというのは本当か?

・生活必需品の支払いにクレジットカードを利用しない手はない
・コンビニで税金を支払うときにクレジットカードは使えない
・20万円追加で支払えと言われた確定申告の思い出
・確定申告の追加払いをクレジットカードで支払うと手数料が1500円かかった話

・生活必需品の支払いにクレジットカードを利用しない手はない

クレジットカードというのは便利だ。現金で100円支払っても普通は何も返ってこないところ、ぼくがいつも愛用している楽天カードを利用すれば100円支払うごとに1ポイント帰って来るのだから絶対にそっちの方がお得である。生活費を全て楽天カードで支払うことにすれば、1ヶ月の生活費が例えば50000円だったとしても毎月500ポイント(500円)は戻ってくる計算になる。または本とか必需品を楽天市場で買えば6倍とか7倍とかもっとたくさんのポイントをつけてくれることも稀ではないので重宝する。

クレジットカードがあれば財布に入っている現金以上の金額を支払えるので無駄遣いの多い傾向となる危険性があるものの、絶対に支払うしかない水道代とか電気代とか食べ物代とか税金とかを払うんだったらクレジットカードで支払わない手はない。現金なんかで支払っていたら何ひとつポイントが帰って来ずに馬鹿馬鹿しい損な思いをしてしまう。

 

 

・コンビニで税金を支払うときにクレジットカードは使えない

税金をコンビニで支払うときにはクレジットカードを利用できないので意味がわからない。何十万円も税金を支払えと要求してくるくせに、その絶対に支払わなければならない税金をクレジットカードで払ってポイントをつけることができないなんて、ますます税金を支払いたくなくなる。

ぼくはこんな大金を支払うのにポイントがつかないことに我慢がならなくて、色々調べたところセブンイレブンのnanacoカードにクレジットカードからチャージして税金をnanaco払いすると税金を支払ってもポイントがつくという方法を見出したので活用していたが、その方法も最近は使いにくくなっているようだ。nanacoチャージしてもその分のクレジットカード払いはポイントがつかないように改悪されたようだ。ますます税金を払いにコンビニに行くのが憂鬱になる。

 

 

・20万円追加で支払えと言われた確定申告の思い出

税金支払いでもうひとつ辛かった思い出は、医者として働いていた時の確定申告だ。確定申告は普通病院がやってくれるようだがぼくは複数の病院で働いていたので、自分で確定申告を出さなければならなかった。しかし確定申告をオンラインで作成するというのは意外と簡単ですぐに完了した。研修医2年目の時は確定申告すると、5000円くらい戻ってきたので確定申告とはなんてお得なものだと嬉しかった。

医者になって3年目の確定申告の時も、去年のようにいくら戻ってくるのだろうと楽しみにしていたところ、なんと20万円くらい逆に支払えと言われたので絶望した。税金とはなんと欲張りなシステムなのだろうか。どうして毎月たくさんのお金が税金として奪われているのに、まとめとしてそれ以上にまだ追加で支払えなんて言うのだろう意味がわからない。

しかしこちらに拒否する権利などない。国家権力とか市町村権力にしたがって支払わなければ財産を差し押さえると脅されているので支払う他はないのだろう。しかしよくよく見てみると確定申告の追加支払いにはクレジットカードが有効だと書かれている。ぼくは国家や市町村の権力は高額な税金を払えと命じてくるくせにその支払い方法は全く進歩していないという愚鈍なイメージがあったので、クレジットカードを使えると見たときにはその意外性に驚いた。

 

 

・確定申告の追加払いをクレジットカードで支払うと手数料が1500円かかった話

心から悲しみながら20万円を奪われるために自分でクレジットカード支払い画面を進めていった。普通インターネット上でクレジットカードを使ってお金を支払ったなら何かもらえるものだが、20万円も支払うのになにひとつもらえないなんて意味がわからなくて脳の理解が追いつかない。しかし最後の最後の確認画面でさらに衝撃的な事実が画面上に飛び込んできた。

なんとクレジットカード払いの手数料に1500円払えと言ってきたのだ!ぼくは開いた口が塞がらなかった。20万円も追加でふんだくるくせにクレジットカードの手数料すら負担しないなんて、人間集団の究極というのはなんと欲張りなのだろうと感じた。ぼくは今までの人生でクレジットカードを利用するときに、手数料を支払う側に請求してくるというケチで欲張りな人間集団をはじめて見た。それが国家だったのだ。

やはり普通の商業的な企業などと違って、民衆からお金を奪い取ることを強制できる権力を持った国家や市町村などの人間集団は傲慢となって、これまでにたくさんお金を巻き上げているにも関わらず民衆のクレジットカードの手数料を払うことすら惜しいと感じてしまうのだろうか。財産を差し押さえたりお金を奪い取ることを正当化できる巨大な権力を持っていると人間集団というものは、これほどまでに与えることを忘れ自らを犠牲にすることを厭うのだろうか。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

絶対に税金を支払わなければならないというのは本当か? 〜義務という思考停止の言葉〜

国家が偉大で素晴らしくありがたいものだというのは本当か?

孤独と健康は最大の節約!節約のためにはお金のことだけ考えていればいいというのは本当か?

お金が卑しいものであるというのは本当か? 〜お金とは自分の命そのもの〜

誰もが贅沢な暮らしを望んでいるというのは本当か? 〜武士道の経済観念〜

正しさや法律があれば盗みや奪い取ることさえも正当化されるというのは本当か? 〜ありあまる富〜

人は喪失に向かって歩いていけるというのは本当か? 〜人生は死への道〜

ぼくたちは様々な約束をしてこの世に生まれてきたというのは本当か?

お金を使うとストレス解消になるというのは何故なのか? &貯金することが素晴らしいことだというのは本当か?